女へんろ元気旅 日めくりカレンダー(英語版)

Detail

販売価格 1,575円(内税)
購入数

Detail

※「ゆうパケット(送料250円)」対応可能商品です。

西宮市内でバー「曼荼羅」を経営する、著者の森春美さん(60)。
1991年から、1400kmの遍路道を少しずつ歩いた。
99年にその道程をエッセー「女へんろ元気旅」にまとめた。
この中から「遍路が教えてくれたように 川の流れのように自然に素直に人生を歩んでいけたら」「遍路とは歩くことなり 人生とは遍路なり」といった言葉を選び、日本語版の日めくりカレンダーを01年に制作。
目の不自由な人にも遍路の良さを知ってもらおうと、エッセーを朗読したCDも作った。
こうした取り組みが知られ、森さんのバーには関西を中心に歩き遍路の経験者が集う。店は「89番札所」とも呼ばれる。
今回のカレンダーは、かつてつくった日本語版の英語版。

長年温めていた構想を、店の客の「公認先達・歩き遍路の会」副会長の本間誠司さん(47)京都市が知り、翻訳に協力。カナダ出身で遍路研究者のディビッド・モートンさん(42)も手伝った。
「歩こう 先はまだまだやし うんこらどっこいしょ」
「くるしいー 最後のふんばり うんしょ うんしょ」
のような表現の訳は難しかった。しかし、背景の気持ちを何度も説明し、意訳もして完成させた。

モートンさんは「英語の遍路の資料は少ない。歩くとどんなことを感じられるのか、外国人も興味を持つのでは」

森さんは「お遍路のおかげでいろんな人に出会えた。たくさんの人の縁に支えられた一冊になりました」と話す。

カレンダー「女へんろ元気旅」(B5版 62ページ)は、税込みで1,575円。
2011年12月5日に発売

■サイズ=縦約26cm、横約18cm、厚み約1cm
■重量 =約259g

※朝日新聞(11月25日付)より抜粋

商品カテゴリー

PAGE TOP

お買い物金額10,000円以上で送料無料!豊富な品揃えに自信があります
実店舗でお遍路サポートいたします! 宝塚店へのアクセス>

0797-77-3300 営業時間 月〜金 10:00〜17:00

閉じる
閉じる