【アウトレット 50%OFF】オリジナル観音御守り 西国草創1300年 記念版

Detail

定価 600円(内税)
販売価格 300円(内税)
購入数

Detail

※「ゆうパケット(送料250円)」対応可能商品です。

中心に金色の観音様を配し、国産ひのきで仕立てられた、いっぽ一歩堂オリジナルの御守りです。

アウトレット商品のため、なんと 50%OFF!

商品は未使用で綺麗ですが、あくまでアウトレット商品ですので、汚れや傷が目立たないものもあれば、そうでないものもあります。
(メーカーの厳密な検査にて、アウトレットと判断されたものです)

その点をご理解いただいた上で、御購入下さい。なお、汚れや傷の具合が気になる方は、御購入はご遠慮下さい。

本商品は「ノークレーム・ノーリターン」となります。



病気の為、生死を彷徨った徳道上人(現八番札所・長谷寺)は、閻魔大王にお会いになり、悩める人々を救うため、三十三の観音霊場を広めるようにと託され、閻魔大王より三十三の寶印を授かり現世へと戻されました。

奈良時代(718年)、上人は三十三ヵ所の観音霊場を設けましたが、その時代では(物資・街道が整っておらず)民衆が観音巡礼を行う条件が揃わなかった為、霊場が繁栄せず、後世に願いを込め、寶印を石棺(現二十四番札所・中山寺)に納めたと伝えられています。

平安時代になりますと、物資、街道が整い、花山法皇(第六十五代天皇)が、この寶印を探し出し、今日の「西国三十三ヶ所巡礼」を構築されたと伝えられています。

奈良時代・徳道上人が発願してから、約1300年、霊場として「日本最古の西国巡礼」が今日受け継がれています。



御守りの裏面には、「西国三十三所 草創千三百年」「南無観世音菩薩」がプリントされ、右端にはお願い事を書くことができるようになっています。



大切なお守りとして末永くご愛用ください。



■サイズ=縦4cm、横3cm、厚み0.9cm 
■重量 =約7g

商品カテゴリー

PAGE TOP

お買い物金額10,000円以上で送料無料!豊富な品揃えに自信があります
実店舗でお遍路サポートいたします! 宝塚店へのアクセス>

0797-77-3300 営業時間 月〜金 10:00〜17:00

閉じる
閉じる