トップ 簡単取付!さわやか笠フィット

笠フィット新発売

お遍路さんにやさしくフィットする商品、出来ました。

2010年より開発を進めていた「さわやか 笠フィット」が、いよいよ新登場です。

今までに『いっぽ一歩堂』に寄せられた、数多くのお遍路さんの声。
実は、その悩みの多くが「へんろ笠」の悩みでした。

「さわやか 笠フィット」は、お遍路さんの悩みを解決すべく研究を重ねた、 いっぽ一歩堂オリジナル商品。

実は、お遍路さんのたくさんの声が詰まっているのです。

本製品には「笠」は付いておりません。ご注意ください。

※2015年6月、お客様のさらなるご要望を基に、バージョンアップ!

アゴ紐のジョイントをマジックテープからバックルタイプに変更しました!

これで強風にあおられ、笠が飛んでいく心配もありません。

また、新・軽爽白衣にも採用されている、「消臭・抗菌効果のあるタグ」が付きました。(2013年10月バージョンアップ)


高品質で安心の日本製です。

「さわやか 笠フィット」商品ご購入はこちらへ

笠フィット新発売

へんろ笠には、笠本体の内側に五徳(ごとく)と呼ばれる竹製のリング状のパーツが、必ず付いています。

この五徳に頭を入れてへんろ笠を被るのですが、直接頭に被ると、こめかみや額(ひたい)に五徳が擦れて痛いのです。

このため、多くのお遍路さんは、この五徳の周囲に布や包帯を巻くなどして、被っても痛くないように工夫をせざるを得ないのです。

このクッションとなる布や包帯も、使用するにつれて汚れてきます。

洗うためには、一度取り外し再装着しなければなりませんが、この作業が非常に面倒で、悩んでおられるお遍路さんの声が、多く寄せられておりました。

笠フィット新発売

へんろ笠を購入すると、必ず、一本の綿の紐が五徳の部分に付いています。

笠を初めて利用するほとんどの方は、この「紐を頭に結んで笠を留める」ということは一目でわかっても、「どのように結ぶのか」については、迷われる方が多いのです。

それもそのはず、商品に付属の説明書は、何も無いのです。

これでは、あまりにも不親切ですよね。

へんろ笠の紐の結び方がわからず、笠が頭部にしっくりこない状態で参拝していらっしゃる方も、実は少なくないのです。

笠フィット新発売

へんろ笠を被って参拝されている方の多くは、強風の日や車が横を通り抜けた際に、笠が飛ばされた(あるいはズレた)経験があると、おっしゃいます。

へんろ笠は、日除け、雨具に最適である一方、実は風を受けやすい構造になっています。

しかし、風を受けて困ると悩んでいらっしゃる方の多くは、笠の結び方が甘く、強化されていないのも事実です。

紐に耳をしっかりと通し、あご紐で留めることが基本ですが、初めての方には難しく、なかなか実践できないのが現状です。

  

笠フィット新発売

笠フィット新発売

笠フィット新発売

笠フィット新発売

笠フィット新発売

  

笠フィット新発売

  

笠フィット新発売

  

笠フィット新発売

  

笠フィット新発売

多くのお遍路さんのお声に応え、いっぽ一歩堂が独自に開発した、速乾タイプのへんろ笠サポーター「さわやか 笠フィット」です。

へんろ笠でお困りの方は、是非一度お試しください。

笠フィットバージョンアップ

1)笠フィットの取付

1) 笠フィットの取付 1

笠フィット本体の2枚の布地を、笠の五徳へ巻きつけるようにして取り付け、ボタン(片側3ヶ所ずつ)で留めます。
このとき、布地は左の写真のように、必ずメッシュ(表面)が外側に来るようにして取り付けしてください。

笠に文字が書かれている場合は、梵字が正面になるように取り付け位置に気をつけて装着して下さい。

2) 笠フィットの取付 2

片方の布地を取り付けたら、もう一方も同じようにボタンを留めて取り付けます。笠をかぶる前に、耳紐のねじれがないかを確認して下さい。

一度取り付けても、簡単に着脱できます。汚れたら外して丸洗いができるので、いつも清潔です。

これで取り付けは完了です。

3) あご紐の確認

あご紐が本製品に付属しております。笠をかぶる前に、両側の耳紐に取付けられているかを確認して下さい。

プラスチックのバックルタイプとなっておりますので、笠がしっかり固定できます。

4) 耳紐の確認

笠を被る際は、紐が耳にかかるように装着してください。

耳紐を通すことにより笠がガッチリと固定され、前後左右からの強風にも飛ばされる事はありません。

5) あご紐の取付方法

両側の耳紐に取付けられたバックルタイプのあご紐を、あご下でしっかりジョイントします。

その際、あごの皮膚をバックルで挟まないようにご注意ください。

バックルタイプなので、簡単に長さの調節ができ、着脱もスムーズ!

6) あご紐の長さ調節

あご紐のバックルをジョイントした際、あご紐が長い(緩い)と感じた場合は、バックルの凸側(ツメ側)のアジャスターで調節可能です。

あご紐の調節はバックルをジョイントした状態で、凸側の紐を引っ張るのがコツです。引っ張りすぎて喉が絞まらないようにご注意ください。

しっかりと締めることにより、突風にも強く、安定感はバツグンです。

かんたん取付「さわやか 笠フィット」 は 特許取得商品です。

この商品は特許取得商品です。いっぽ一歩堂オリジナル商品のため、類似品にご注意ください。(特許第5650493号)


笠フィット特許取得

「笠フィット」 の名称は、商標登録されております。

「笠フィット」 は商標登録商品です。いっぽ一歩堂オリジナル商品のため、類似品にご注意ください。(登録第5525922号)


笠フィット商標登録

『いっぽ一歩堂』は、お遍路さんの悩みを解決し、快適な巡礼を実現するための商品開発を、今後も行なっていきます。
あなたのお悩みやご意見を、ぜひ、『いっぽ一歩堂』までお寄せください。

▲ページのトップへ