巡礼用品のご紹介 | 四国お遍路用品ショップ「いっぽ一歩堂」

トップ 巡礼用品のご紹介

巡礼用品のご紹介

四国八十八ヵ所巡礼に必要なお遍路用品をご紹介いたします。

近頃の歩き遍路では、白衣・輪袈裟・菅笠・金剛杖のみの簡略化したスタイルが多くなっています。

お遍路装束に身を包むと不思議と身が引き締まります。

巡礼用品紹介図
菅笠(すげがさ)

菅笠(すげがさ)

強い日差しから守ってくれる日除けとして、また雨風をしのぐ雨具として大いに役立ちます。歩き遍路では必需品となります。
頭を固定する五徳と呼ばれる台座とビニールカバーが付いています。梵字が正面にくるようにかぶるのが一般的です。
笠をかぶることにより大日如来の力にすがる事が出来ると言われています。

白衣(びゃくえ・はくえ)

お遍路さんの正装であり、俗世を離れて心の清らかさを象徴する浄衣でもあります。道中衣と判衣があり、一般的に着られるのが道中衣で、一般的には着用せず納経帳と同じように御宝印をいただくものが判衣です。
昔は整備された道もなく巡礼は大変なものであり、巡礼中に行き倒れる人も多かった。ゆえに死装束として白い着物をまとい巡拝した名残りと伝えられています。

金剛杖(こんごうつえ)

弘法大師の分身といわれる金剛杖です。歩き遍路では、体の負担を軽減してくれ大いに役に立ちます。巡拝中に橋を渡る時は、杖をつかないようにします。
これは、橋の下で弘法大師がお休みになっていると言われているためです。鈴の付いた金襴(杖カバー)とセットになっています。
遍路の精神は同行二人(お大師さまと二人連れ)。たとえ一人でも遍路の傍らには、弘法大師が影の様に寄り添って歩いておられます。

輪袈裟(わげさ)

お遍路用の輪袈裟です。輪袈裟とは略式の法衣で、巡拝しやすいように首から掛けるようになっています。霊場の巡拝には法衣はかかせません。
三つ巴の紋の他に四国八十八ヶ所巡拝、南無大師遍照金剛が金糸で織り込まれています。また、首元には、五三の桐紋が入っています。
輪袈裟を外すときには下に直接置かず、必ず上座や机の上に置き、お手洗いや食事の際は必ず取り外すのがマナーとされています。

輪袈裟止め(わげさどめ)

輪袈裟止め(わげさどめ)

輪袈裟がめくれたり首からずれないように、襟元で白衣と輪袈裟を止めるネクタイピンのようなものです。
煩悩をうちやぶり菩薩心を表す尊い法具・三鈷杵と修行大師、法輪などをデザインしたものがあります。

手甲(てっこう)

お遍路用の手甲です。防寒、日焼け、虫除として手をやさしく保護します。
手甲の中に腕を通し、縫い付けてあるゴムに中指を通します。マジックテープを留めて完成です。肘側部はゴム付きになっています。

念珠(ねんじゅ)

お遍路参拝に欠かせない数珠です。珠をひとつ繰るごとに仏を念ずることから念珠と呼ばれるようになったと伝えられています。
巡拝の時、念珠を手にかける場合、正式には最初、右手は中指・左手は人差し指にかけて三回ほどすりあわせ、次に左手にかけ直して読経を行うといわれています。 決して念珠は首から掛けないようにして下さい。お手洗いや食事の際は、必ず取り外すのがマナーとされています。

山谷袋(さんやぶくろ)

お遍路用の山谷袋です。納経帳、経本、念珠、ローソク、線香など巡拝に必要な品をまとめて収納するための袋です。
ファスナー付きの小物入れが付いてます。肩掛け紐付きのため、肩から斜めにかけ持ち運びにも便利です。
山谷袋を肩から下げていない人はほとんどいないくらいで、お遍路さんの必需品となっています。

納札箱(おさめふだばこ)

納札箱(おさめふだばこ)

お遍路用の納札を収納するためのケースです。線香、ローソクなども収納できますので、お参りに便利です。ボールペン付き(納札記入用)。
ボックスタイプで首からかけるためのストラップ付きです。

持鈴(じれい)

お遍路用の持鈴です。読経の際に節に合わせて振ります。またご詠歌を奉納する時に使います。魔除けや獣除けとしても使われます。
持鈴の音はお参りする者の煩悩を払い、清浄な心にしてくれる響きだといわれています。この「お遍路さんの鈴の音」は、春を告げる音としてお四国の皆さんがよくご存知の馴染みのある音なのです。

お遍路用ズボン(おへんろようずぼん)

お遍路用の白い無地のズボンです。軽くてほどよく伸縮しますので履き心地がよく、着崩れしないのが特徴です。
昔ながらの正式なお遍路スタイルである白装束姿に着用します。乾きが早いので宿で洗濯すれば、明くる朝には履くことができます。

脚半(きゃはん)

お遍路用の脚半です。防寒、日焼け、虫除けとして足を保護します。お遍路の時に裾を押さえることで動きやすく、怪我の防止にもなります。
脚半の幅の広い方を上にしてズボンの上から膝下からスネに沿って被せます。まず膝下の紐をぐるっと回して前方で結びます。
下の足首の上辺りの紐も、同じくぐるっと回して前方で結んで完成です。

▲ページのトップへ